© 2018 by NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会 

地球の地磁気が生む

ゼロ磁場磁気エネルギーの渦を

響きの科学は再現しました

磁気エネルギーの渦

世界で初めて地球の地磁気、ゼロ磁場磁気エネルギーの渦現象を解明し再現しました。スピーカーに使われる磁石、コイル、振動板を応用、映画・テレビ・音楽で、激しく振動板を震わせ、衝撃波、波動エネルギー、振動、音圧の響きと板鳴りの激しい摩擦熱で地球の断層地帯に生まれる、ゼロ磁場磁気エネルギーの神秘的な渦を音響ルームに誕生させました。世界の最先端技術は、生体磁石の磁気エネルギーとネオジムの磁石の時代です。世界で初めてゼロ磁場磁気エネルギーによるフリーエネルギー発電システムと最先端医学に革命を起こしたのです。

 

テレビ・音楽の試聴体験ルームに心の悪い人はお誘いしません。

・心の優しい人・生命を大切にする人・心の神、豊かさを求める人・西洋医学に限界

   を感じている人に来てほしいのです

・お金が全てで心と性格の悪い人・病を自分で治すことを知らない人・生命の大切

   さと心に神を感じない人は来てほしくないのです

ペンタゴン(アメリカ合衆国国防省)が注目した

ゼロポイント・フィールド理論

量子力学の領域では、ゼロポイント・フィールド(ゼロ磁場)という理論があるのはご存知ですか?

物理学者ハロルド・パソフ博士は、ゼロ磁場磁気エネルギー、ゼロポイントエネルギーを無限のエネルギーの源として利用することが可能と考えました。

1980年代のレーガン大統領の時代にペンタゴン(アメリカ合衆国国防省)は、ハロルド・パソフ博士が研究をすすめていたゼロポイントエネルギー理論に基づく蓄電技術を、国家的重要課題の三番目に位置づけた事実があります。ちなみに、これより上位にあった技術はステルス爆撃機と光コンピューティングの技術です。(リン・マクタガード著『フィールド響き合う生命・意識・宇宙』)

西堀貞夫はアメリカでイカ墨から、深々度の反射しない丸い形状の塗料、ステルス用電波吸収材の原理と、液晶テレビを開発、光コンピューティングの開発を中空ストロファイバー網構造体で光ファイバーを開発しました。

若いころ、アメリカのハーバード大学院の研究室で共同で発明家として世界の最先端科学の開発を進めました。

レーガン大統領にホワイトハウスに招かれた思い出など沢山あります。

その時レーガン大統領にお話しした夢の開発は、映像と響きで病を治す最先端医学とリニアモーターカーのようなゼロ磁場磁気エネルギーの渦を応用したフリーエネルギー 磁気発電システムです。この夢が開発できた事を神に感謝しています。

超常現象・超能力・テレパシーの磁気共鳴現象を

世界で初めて科学的に解明しました

低体温で気のエネルギーの弱い病弱な人は、相手に気持ちが悪い、ゾッとする、老けて見える、気のエネルギーを取られるなど相手の心と体に悪い印象を与えてしまいます。悪意に満ちた言葉と悪意の潜んだ磁気エネルギーの邪気は、気力のないエネルギーの弱い相手の心と身体につけ込み磁気共鳴で憑依し、心と身体をマインドコントロール。相手の心を惑わします。

西洋医学の癌専門病棟の心の優しい癌専門医は、癌患者から憑依され3、4年で癌になるケースが多く見られます。心の優しい精神科医も精神疾患の患者に心と魂を憑依され病んでしまいます。中国の気功師も患者からの憑依現象で気力と磁気を奪われ、死を早めます。

気の磁気エネルギーと体温の高いテレパシーを感じる女性は、相手に若く見える、温まる、気持ちがいいなど良い印象を与えます。気のエネルギーは高いところから低いところに流れます。気のエネルギーの共鳴による、「気」「許す」「愛」「肌が合う」「合わない」は確かにあります。「愛」はお互いの持つ生体磁石の磁気が共鳴し、心に愛を感じ伝え合います。本当の愛は、心の磁気エネルギーが共鳴し合うことです。

21世紀最も大切なITテクノロジーは人間の心を幸せに導くことです

人間の心と身体を幸せにする方法は、「生体麻薬の麻酔覚醒作用」と「生体磁石の磁気共鳴作用」があります。21世紀最も大切なITテクノロジーは人間の心と身体を幸せにすることです。音響免疫療法は、心を幸せにマインドコントロールする最先端のエンターテイメント療法を開発しました。現代社会は「お金と物がすべてのアメリカンドリーム」「生命でお金を儲ける西洋医学」「死の恐怖心でお金を儲ける宗教」「スマホ、インターネットの電子文明」等の文明社会の発展は人間の心と身体を不幸にします。血液(強磁性鉄イオン)の磁気を高めると、邪気・憑依のマインドコントロールの共鳴から心を守ります。

西堀貞夫は多くの賞を受賞しましたが、人間の心と身体を健康にする最先端医学の危険な研究の為、2000年以降は賞を辞退しています。

さまざまな発明活動を経て辿り着いた 響きで健康にする技術

私はこれまで長年、さまざまな分野の最先端技術の研究開発に携わってきました。例えば、医療現場で使用されている【MRI(磁気共鳴画像法)】の原理、【液晶テレビの画像技術】、多くのエレクトロニクスに導入されている【電波吸収材】、人間の皮膚の【人工皮革と透水性フィルム】、【太陽光ソーラー発電システム】、【三次元構造体光ファイバーシステム】、【最先端オーディオシステム】、【ゼロ磁場磁気発電システム】、【高速道路衝撃吸収材】、【人工木材アインウッド】、【海の森昆布を再生する技術】、【水質浄化技術】・・・などなど、特許出願数にして約1200件。その中には「近未来社会を見据えた国家的プロジェクト」に属する重要機密事項といえる案件も多数含まれています。しかし今日、発明で得た特許のほとんどは期限切れを迎え、各分野でほぼ一斉に自由に使われています。自分が手がけた技術や仕組みが社会に浸透し、次々と「常識」として定着していく。・・・そうした展開を見届けるにつけ、「人類の発展に貢献できた」と喜びを感じると同時に、私の中に「まだ果たせない大きな開発のテーマ」が残されていることを強く意識するようになりました。そのテーマこそが「ゼロ磁場磁気エネルギー」で、生命を健康に導くことだったのです。「無病」「長寿」「磁気」さらに「輪廻転生」が本当にできるとしたら?すべての人間の究極の関心ごと、心と身体を幸せにし、健康な人生を送る為のさまざまなキーワードが頭の中を駆け巡りました。そして、これまでの常識にとらわれない発想で健康を生み出す技術を発明してやろうと決意したのです。この研究が実を結んだのが本書で紹介する【ゼロ磁場】であり、エンターテイメントの響きを応用した【音響免疫療法】です。

音響ルームにN極S極を示さない  

驚異のゼロ磁場パワースポットが誕生

方位磁石をたくさんテーブルに置いたところ、今世紀最大の開発と言われるN極S極を示さない、磁気エネルギーがお互いに打消し合う究極のゼロ磁場磁気エネルギーの神秘的な渦現象を音響ルームで発見しました。

● 地磁気による磁気共鳴の磁気の高まりで、体温の1度〜2度の上昇が体験できます。

● 方位磁石でイエス・キリストのゼロ磁場の十字架現象が確認できます。

● 神秘なN極、S極を示さないゼロ磁場 磁気エネルギーの渦を方位磁石で体験できます。

● 地磁気の磁気共鳴により、生体磁石の磁力が高まり、ステンレスのクリップを釣り上げる事ができます。

● 音響ルームでステンレスのハサミが地磁気に磁気共鳴し磁化されます。

● 急所脊髄の響きは、脳内麻薬作用で心霊現象の世界に導きます。