『老人の心臓』の鼓動と同調する 骨導音の 映画・テレビ・音楽の 心臓へのマッサージは 疲れた  心臓を助けます

心臓の死が人間の死です  疲れた心臓の鼓動を助ける   映画・テレビ・音楽の 骨導音のマッサージは お金で買うことのできない 生命が買えるのです 死んだらおしまい “健康で長生き”が大切です

耳の鼓膜の感覚器官でなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)の  映画・テレビ・音楽の骨導音の響きは、心臓の鼓動・肺呼吸を助けます。疲れた心臓と 肺呼吸を助ける身体への響きは、お金で買うことのできない 生命が買えるのです、死んだらおしまい。“健康で長生き”が大切です。

心臓の鼓動を強化し  血液循環機能を良くし  血液の磁気を高める 世界で初めての ゼロ磁場音響免疫療法

心臓の鼓動と脈動を高める、映画・テレビ・音楽の脊髄への響きは、血流を良くすることで、血液(強磁性鉄イオン)との摩擦熱で血液が発熱、赤血球(強磁性鉄イオン)の磁気を高めます。西洋医学は血液の磁気を研究しないのが不思議です。血液の磁気を研究すると、糖尿病・高血圧で血液を汚し、血液が錆びる、薬が投与できないからです。人間の血液(強磁性鉄イオン)は5kgその中で1/3は脳で使用しています。血液に含まれる鉄イオンは、2700mg、体内には4000mgの鉄分を含みます。赤血球(ヘモクロビン)は「釘」と同じように錆びるのです。赤血球と毛細血管は同じ大きさです。血管との摩擦熱で、ドロドロの血液をサラサラに浄化、血液の磁気を高めます。毛細血管との摩擦熱は血管内皮細胞が活性化 毛細血管を若返らせます。毛細血管の若返りは、目や腎臓の排尿機能を高めます。血液は酸素とブドウ糖と結合し、血液を酸化させます。赤血球と毛細血管との摩擦熱は、血液を黒鉄(二価鉄)に変え磁気を高めます。

認知症は脳への血流不足と脳細胞の磁気の錆です 錆を取り除くと脳は若返ります

血液は鉄の臭いと味がします。赤い血液、赤血球(強磁性鉄イオン)は、鉄分を主成分としています。 血液も釘(くぎ)と同様に錆びるのです。血液の錆びた酸化鉄は、血液をボロボロにします。磁気エネルギー の強い黒鉄(二価鉄)に変えることが大切です。脳細胞・脳血液の錆びと、脳への血流の悪さが、認知症を 招くのです。西洋医学は血液の鉄分の酸化作用と、血液の錆びの研究をしていません。西洋医学は血液を汚し、 錆びを招く薬を投与します。薬では認知症を治せないどころか、さらに進行させるだけです。

中国政府は  認知症患者の  血液の浄化と 脳への血流を  良くするため 胎児の尿を  浄化する 母親の羊水の響きを  採用しました

お母さんは羊水の響きで「胎児を38℃温め」「尿で汚れた羊水を浄化」 「水分80%細胞」を育てます  羊水の響きに学んだ 音響免疫療法は  認知症患者のドロドロに 汚れた血液を浄化  脳への血流を良くし 脳細胞を若返らせ  認知症を治す

胎児を38℃に温める  羊水の響きは  生きている身体と骨を震わせる 自分の声 空気の音では  胎児は育たない

赤ちゃんは胎児期、羊水の中で、母親の目と耳を通して、母親の感じた外部の景色や喜びや悲しみを、感じていました。3歳まで、体内の記憶の物語として話します。お互いの血液の磁気が共鳴、超能力、テレパシーの磁気共鳴作用で、母親が感じた悪い感情やストレスを胎児は心に感じ、トラウマとなります。母親の心を感じるのです。母親の感じたネガティブな感情は、胎児の心にトラウマを生み、大人になっても悪い潜在意識として残ります。母親は羊水の響きで、20,000〜150,000Hzで、耳でなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)に響かせ、胎児を育てます。空気の音、20〜20,000Hzでは胎児は育ちません。胎児に話しかけ、お腹に手を当てるなどの胎教が大切です。胎児期、私達は母親の羊水の中で耳ではなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)で音を感じていました。生命の急所、脊髄への響きが「感動」と「興奮」を高めるのはこのためです。胎児期、母親の伝える生命のリズムを脊髄で感じて育ちます。呼吸18(海の波の数)、体温36℃、心拍数72、血圧144Hz、288日で赤ちゃんの誕生となります。母親の激しい、生命の危険を伴う脊髄への響きは、胎児のDNAに生命の危険信号として記録されています。私たちは耳ではなく、生命の急所脊髄への響きに感動と興奮を感じるのです。

母親と胎児はお互いに  血液の磁気共鳴で心を伝えあっています

母親は、胎児の体温が低下すると羊水を増やし、子宮内圧を高め、水の波紋の響きの波動エネルギーの摩擦熱を強化、胎児の体温を38℃に温めます。羊水の波紋のエネルギーは、胎児の尿で汚れた羊水を浄化します。胎児を38℃に温め、羊水を浄化する水の波紋の響きと、電子レンジの電磁波の波紋の響きは、同じ仲間です。お母さんは、安全な電子レンジで胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。歳を重ね、60歳の細胞の水分は50%に減少、しみ、しわの多い、老化した身体となります。羊水の響きに学んだゼロ磁場 音響免疫療法は、老化した60兆個の細胞を、水分80%の赤ちゃん細胞に若返らせます。

© 2018 by NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now