© 2018 by NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会 

ネット・ゲーム  依存の 脳 は 病気

ネット・ゲーム脳は  学習・仕事を無視 問題が起きてもゲームを優先しやめません

夜中までネット・ゲームをしない

子供をネット・ゲーム脳にしない

離婚の原因はネット・ゲーム依存

子供ほどネット・ゲーム脳の進行が早い

インターネットゲームなどのやり過ぎで日常生活に支障をきたす症状について、世界保健機関(WHO)は、2018年5月の総会を経て、6月に公表を予定する、病気の世界的な統一基準である国際疾病分類(ICD)最新版のICD-11で、「ゲーム症・障害」を新たに盛り込む方針を発表しました。2017年末にトルコで開かれた依存症に関する会議で、最終草案を確認しました。

最終草案では、ゲーム症・障害を「持続または反復するゲーム行動」と説明。ゲームをする衝動が止められない ▽ゲームを最優先する ▽問題が起きてもゲームを続ける ▽個人や家族、社会、学習、仕事などに重大な問題が生じる、を具体的な症状としています。幼少期は進行が早いとして、全ての症状にあてはまり、重症であれば、より短い期間でも依存症とみなす方針。

ネット依存の人は酒や薬物の依存者のように脳の働きが大きく低下し、感情をうまくコントロールできなくなります。

ゲームを含むネット依存者は世界の人口の6%、4億人以上です。日本でも厚生労働省の発表で、2014年、成人421万人、中高校生、約52万人がネット依存ありと公表しました。

ネトゲ廃人「ネット・ゲームの過度の依存者」

日本ではネトゲ廃人の言葉が生まれました。ネット依存に陥る人たちは、世界中で社会問題になっており若年層で多く見られる。ネット・ゲームのしすぎは、時間を削ってもネットをしている。端末を側に置かないと不安を招きます。

ゲーム先進国、韓国は、国を挙げて様々な対策がとられています。2016年、小学校、中学校、高校から1456万人、ネット・スマホ依存者が20万人見つかりました。30歳から69歳を対象にした調査で、全人口の17.8%のスマホ過依存と推計されています。依存者が増加する中、低年齢化が著しく、国の政策は今後幼児に集中する必要があると説明しています。

犬や猫と一緒に生活し 急所脊髄でテレビ・音楽を楽しみ 子供のスマホ・ゲームの依存症が改善できる

スマホに使用されている磁気メモリーと液晶の原理を開発した西堀貞夫は、人間の心を不幸にするスマホ・ネット・ゲーム・SNS・・の電子文明の発展による依存症に責任を感じています。 犬・猫などの動物と一緒に暮らし、散歩や生活を一緒にすることで思いやりや責任感、情緒も育まれスマホ・ネット・ゲームの時間が少なくなります。 ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法は、音響チェアに座り、急所脊髄で映画・テレビ・音楽を楽しむことで、人間の持つ脳内麻薬、生体磁石の磁気麻酔覚醒作用のエンターテイメントで、スマホ・ネット・ゲーム依存症を忘れさせます。

子供の学習能力が良くなります 「脳血液」「マグネタイト」の磁気を強化し  超能力・テレパシーの 磁気能力を高めると 子供の 記憶力・集中力が 飛躍的に向上

テレビ・音楽のゼロ磁場の響きで  頭脳を良くする素晴らしい授業に お子様と一緒に参加しましょう

子供の頭脳の良くする方法が、初めて分かってきました。脳は磁鉄鉱と強磁性鉄イオンの血液を含みます。脳は磁石です。子供の脳は、マグネタイトと血液(強磁性鉄イオン)の生体磁石の磁気を強化するとコンピューターの磁気メモリーのように記憶力、思考力が高まります。脳は、磁気メモリーです。映画・テレビ・音楽の羊水の脊髄の響きは、血液の磁力と脳の磁力を高め、記憶力、学習能力、集中力が飛躍的に高まります。脳のマグネタイトが血液(強磁性鉄イオン)を脳に引き寄せ、脳血液の磁気を高めると記憶力集中力を強化します。脳は、毛細血管で満たされ血液の1/3、1.5キログラムを使用しています。

「勉強しなさい!」「学校に行きなさい!」家庭と学校で

いじめに合うお子様のストレスを考えたことありますか?

勉強、受験、学校のいじめ、親との関係・・様々なストレスにお子様はさらされています。現代のお子様はストレス、冷たい飲み物、添加物の入った食生活、運動不足、スマホ、ゲーム脳で心を病んでいます。体温の低下、脳血液と脳神経の血流不足、腎臓の濾過機能低下、脳血液の磁気不足が心の不安とストレスを招きます。胎児は、羊水の中で耳の鼓膜では音を聴きません。羊水に学んだ、映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しむことで血液を38℃に温め、サラサラに浄化、脳への血流を良くし、脳血液、脳細胞を活性化します。

赤血球は強磁性の鉄イオンを含みます。血液は鉄の匂いと味がします。 血液(強磁性鉄イオン)は酸素、ブドウ糖と結合、酸化作用で血液が錆び、血液をボロボロにします。 錆びた血液(赤錆)を黒錆(二価鉄)に変え、磁気作用を高めることが大切です。 錆びた血液は磁気が低下、低体温となり、気力のない人間になります。 血液の錆びが超能力・テレパシーの磁気共鳴作用を劣化させます。 ゼロ磁場  音響免疫療法は、地球の地磁気、パワースポットをお部屋に誕生させ、超能力・テレパシーの磁気能力を高めます。

不登校  家庭内暴力  いじめ・・・  血液の磁気を高めると学校でいじめられません

家庭内暴力、不登校などの心の病の原因は、低体温による脳への血流不足、脳の毛細血管のつまり、脳の磁気不足による気力の低下です。家庭内暴力、不登校は病気ではありません。医師の薬では治りません。海外では、15歳までの子供には薬を処方しません。脊髄の響きで血液を温めサラサラにし、脳への血流をよくし脳を温めると簡単に治ります。脳梗塞の患者が怒るのと子供の家庭内暴力は同じです。低体温で、スマホやインターネット、ゲームで遊ぶと仮想空間と現実社会の区別がつかなくなり、性格が変わり愛の心を無くしてしまいます。脳血液を温め低体温を改善するとゲームに夢中になりません。外で遊び始め勉強を始めます。ぜひ音響ルームにお子様と一緒に脊髄でテレビを楽しみにお越し下さい!

医療検査機械 MRI(磁気共鳴画像法)は、生体磁石を応用

医療検査機械MRI(磁気共鳴画像法)は血液の 強磁性鉄イオンの磁気を応用しています。脳は、マグネタイトと鉄イオン(血液)を含みます。コンピューターの磁気メモリーは、磁気で記憶。人間の脳も磁力を高めると記憶力、集中力が高まり頭脳が明晰になります。医療用エコー検査は、身体にジェルを塗り空気を通さずに超音波で検査を行います。固体・液体は、波動エネルギーを伝えますが空気は伝えません。身体に響かない耳で聞く音楽療法は、効果がないのです。ゼロ磁場音響免疫療法の網構造体が、ジェルの役割を果たし羊水の響きの波動エネルギーを 身体に伝えます。羊水の響きは、身体を38℃に温め60兆個の体内細胞を若返らせます。ゼロ磁場音響免疫療法は、医学の世界に革命を起こしたのです。1981年、国立科学研究センター(フランス)の生物学者 エレーヌ・グルマンと生体エネルギーの研究者 ファヴイアン・ママンは、低周波の音を正常の細胞とがん細胞に聴かせると ある可聴域の音ががん細胞を死滅させることを発見しました。