© 2018 by NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会 

チベタンボウルの歴史は5000年の古い歴史

脊髄に響く音響チェアに座り、お寺の鐘、シンギングボウル・テレビ・音楽で全身を震わせる   ゼロ磁場 音響免疫療法は、認知症の脳が若返ります。 本人は認知症の病状を判断できません。 ご家族の皆様は、諸行無常の響きで認知症患者の変化にびっくりされます。 家族の協力がなければ認知症は治せません。 ご家族と一緒にご自宅で元気で暮らすことが大切です。 医者の薬では、認知症は治せません。

釈迦を悟りの境地に導いた  諸行無常の 鐘の響きを  急所脊髄に響かせ  悟りの境地で  認知症を治す

認知症本人の変化に、家族の皆様はびっくりされます。平成24年の内閣府調査では、自宅で人生の最後を迎えたいと希望する人が全体の56%にのぼりました。多くの皆さんの在宅医療の夢を叶えるため、ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し、元気にすることを私たちは提案します。

 耳の響きでは認知症は治らない!

耳の鼓膜の音は、言葉・方向・距離・危険を感じます。急所脊髄の響きは、感動と感情を高め、生存本能を感じます。映画・テレビ・音楽を耳で聞くのは間違っていたのです。脊髄の感覚器官に響かせ、脳内麻薬・生体磁石の生体作用を呼び覚ます、ゼロ磁場 音響免疫療法は、心と身体を幸せにし、認知症・うつ病を治します。

seminarbn.jpg

中国政府は  チベタンボウルの 鐘の響きを  認知症の 治療と予防に  採用しました

中国政府は、西洋医学の薬では治療することができない老人痴呆(認知症)の治療と予防に「中国老齢事業発展基金会」で「諸行無常の響き  ゼロ磁場  音響免疫療法」の音響チェアを採用しました。日本の老人ホームは認知症の老人を治せず姥捨山になっています。日本の西洋医学は諸行無常の響きの自己免疫療法を最先端医療に応用しないのは間違っています。中国政府の決定は素晴らしい。 上海市政府は、2018第8回  上海国際健康産業博覧会に、諸行無常の鐘の響きのゼロ磁場  音響免疫療法の音響チェアを出展しました。2018年12月12日~14日

チベット密教の「チベタンボウル」の鐘の響きで  病を治す音響療法は 5000年の歴史

映画・テレビ・音楽・シンキングボウルを 脊髄の感覚器官(中枢反射神経)に響かせ、  認知症を治す時代です。認知症の皆様は、表情と言葉が確実に改善され、生きた顔に変わります。 病状の改善の凄さに、ご家族の皆様はびっくりされます。高齢者の1日の平均テレビ視聴時間は、約8時間。1日の 1/3 時間に相当します。映画・テレビ・音楽を、脊髄から心臓への、羊水の響きで楽しみ、老化した脳細胞を若返らせ、元気にする時代がきたのです。テレビ・音楽を脊髄で楽しむと、言葉・表情の確実な変化がみられます。本人は変化に気がつきませんが、ご家族の皆様は、病状の確実な変化に驚かれます。 テレビ局・ラジオ局・映画、音楽業界の皆様へ   映画・テレビ・音楽の身体共鳴の響きは、認知症・うつ病の脳が若返ります。ご協力を!

「カハールの呪い」は間違っていた

精神医学の世界では、幻覚より、幻聴が恐怖心と不安を心に招くということが常識です。現実と区別のつかない幻聴により、自殺と殺人を起こすと言われています。脳科学の世界では、「カハールの呪い」が常識となっています。1906年ノーベル医学賞を受賞したスペインの神経科学者サンチアゴ・ラモンイカハールは、一度壊れた脳は再生しないと発表しました。それが100年以上も精神医学の常識となっています。映画・テレビ・音楽を急所心臓に聴かせる、ゼロ磁場 音響免疫療法の響きは、脳内麻薬、生体磁石の生体作用で心と身体を幸せにマインドコントロールします。生体麻薬作用を呼び覚ます響きは、認知症・うつ病を忘れさせ、脳を若返らせます。「カハールの呪い」は間違っていたのです。

事務局 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-31-4 KKビル3F​                   TEL 03-5487-0555   FAX 03-5487-0505