© 2018 by NGO/ゼロ磁場音響免疫療法学会 

チベタンボウルの歴史は5000年の古い歴史

お母さんは仙骨を震わせ 骨盤・脊髄・頭蓋骨を緩め 赤ちゃんを出産します 頭蓋骨の締まりが 脳への血流が悪化 認知症を招くのです

日本の認知症は 800万人

びっくりです!

日本政府は老人を大切にしない 認知症のゾンビ大国です。

認知症の本人は、病状を判断できません。ご家族の皆様は、諸行無常の鐘、チベタンボウルの、 認知症患者の病状の改善の変化にびっくりされます。認知症を治し、家族と一緒に元気に暮らすことが大切です。 西洋医学の薬では認知症は治せません。

amazon.jpg
seminarbn.jpg

釈迦を 悟りの境地に導びいた 諸行無常の鐘の  身体への響きは  頭蓋骨を緩める 脳への血流を良くし 脳細胞を若返らせ  認知症を治す

諸行無常の 鐘の身体への響きは  病を治す  医学と宗教の原点

釈迦は2600年前、諸行無常の鐘の倍音の響きで悟りの境地に導かれました。チベット密教、チベタンボウルの鐘の倍音の響きは、5000年の歴史です。鐘の響きは、心の神  魂を呼び覚まし、心を幸せにし、病を治していたのです。倍音と呼ばれる鐘の、水の波紋の響きと、胎児を育てる羊水の響きは、電子レンジの電磁波の波紋の響きと同じです。羊水の倍音の響きで、胎児を38℃に温め、汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。倍音の響きは、空気より水の中が伝わります。身体は水分80%です。耳の感覚器官ではなく、急所脊髄の感覚器官、中枢反射神経への倍音の鐘の響きは、頭蓋骨を緩め、身体を38℃に温め、ドロドロに汚れた、血液をサラサラに浄化します。身体への倍音の響きは、西洋医学の薬を超えた、病を治す自己免疫療法です。

中華医学の「薬」は 「音楽の楽」が由来

諸行無常の鐘  チベタンボウルの  鐘の響きを  骨導音で  身体に響かせ 頭蓋骨・脊髄・骨盤を緩め  心を幸せにし病を治す  音響免疫療法

自分の声は、耳を塞いでも、自分の声は聴こえます。耳の感覚器官でなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)の響きで聴覚で感じるのです。空気の伝える、耳の鼓膜への音は、言葉・方向・危険・距離を感じ、生きるための音です。急所脊髄の感覚器官への、骨導音の激しい響きは、感動・興奮を呼び覚まし、生存本能を高め病を治します。耳でなく、倍音の響きを、骨導音で脊髄に聴かせる、世界で初めての音響チェアを開発しました。諸行無常の鐘、チベタンボウルの倍音の鐘の響きを、骨導音で脊髄に響かせる音響免疫療法は、釈迦の仏教の教えに学び、心を幸せにし、病を治すのです。耳で聞くスピーカーの人工の電子音は、心と身体の害になります。

病を治す チベット密教の

音楽療法は  5000年の歴史

チベタンボウルの 身体への響きは 頭蓋骨を緩め  心を幸せにし 病を治す

中国に現存する、5000年の歴史を持つ最古の医学書『黄帝内経』に、チベタンボウルの倍音の鐘の響きで心を幸せにし、病気を治したと伝えられています。 チベタンボウルは金・銀・鉄・銅・鉛・錫・水銀・の7種類の金属で作られ、それぞれの違う共鳴の響きを発生させます。

諸行無常の鐘、チベタンボウルの鐘の響きは「倍音」と呼ばれる、身体の骨と水分と共鳴する波紋の水の響きです。響きは空気より、水中が伝わります。人間の身体は、水分80%です。身体を震わせる、骨導音の倍音の響きは、頭蓋骨・脊髄・骨盤を緩め、脳への血流を良くし、心と身体を幸せにし、病を治していたのです。

チベタンボウルの素晴らしい 身体共鳴の倍音の響きで 頭蓋骨を緩め  認知症・うつ病を治す音を 試聴ルームで体験できます

14億人の中国は  認知症対策に 音響免疫療法の導入に  ふみきりまし

中国政府は  認知症を治すため  チベタンボウルの 頭蓋骨を緩める  映画・テレビ・音楽の  脊髄への倍音の響きの  音響免疫療法を採用

中国政府は 全国人民代表大会で  老人を大切にするモデル事業として  西洋医学の薬では治療できない  老人痴呆(認知症)の予防と治療のため  脊髄への映画・テレビ・音楽の響きを応用した  音響チェアを採用  「中国老齢事業発展基金」を投入します

上海市政府は2018 第8回 上海国際健康産業博覧会に、チベタンボウルの響きの ゼロ磁場 音響免疫療法の音響チェアを出展しました。2018年12月12日~14日 

事務局本部  〒141-0031 東京都品川区西五反田2-31-4 KKビル3F​                   TEL 03-5487-0555   FAX 03-5487-0505

中部本部  〒460-0007 名古屋市中区新栄1丁目43-11 ONKYO-GYM                TEL 052-242-9076   FAX 052-242-9077